カラオケ 声 枯れる
ロア
ロア
カラオケで声を枯らさずしっかり歌いたい...!

そう思ったことありませんか?歌うときに声を枯らしてしまう人は多いようです。

「1曲目はいいけど2曲目までもたない、時間が経つと枯れる」「一人のときはいいけど、人がいるとなぜか枯れる」という方もいるでしょう。

声が枯れるのというのは色々な状況がありますが、一つ一つにハッキリとした原因があります。そこを改善することで誰でも声枯れを治すことができるんです。

この記事では、現役プロ歌手やプロ講師方々が実践している方法を詳しく紹介します。普段の練習やトレーニングに取り入れてみてください。声枯れを克服しましょう!

✔この記事でわかること
  • 歌うときに声が枯れる原因
  • 声を枯らさないための方法

カラオケで声が枯れる原因

声が枯れる原因はいくつかあります。一つずつ詳しく見ていきましょう。

原因1:喉に力が入っている

まず、喉に力が入っているということ。これが一番の原因と言っても良いでしょう。

声というのは声帯を震わせて出すものです。喉に力が入っていると、この声帯をうまく震わせることができず声が枯れてしまいます。

原因2:身体に余計な力が入っている

次に、身体全体の力みです。

人によってどこに力が入るかは違いますが、身体はつながっているのでどこかが必要以上に力んでしまえば最終的に喉も力んでしまいます。

喉が力んだ結果・・・上記のように声帯がうまく震えないということになりますよね。

原因3:声帯が閉じていない

ここは勘違いしやすいところですが、声帯を閉じるのと喉の筋肉が緊張で閉まるのとは違います。

声帯はある程度閉めていたほうが、安定した声が出せるんです。

声帯があまり閉じていないと息が多くもれ、声枯れの原因になってしまいます。

原因4:腹式呼吸ができていない

呼吸が浅くなると緊張が走り、喉が閉まりますよね。

腹式呼吸をすることで身体がリラックスできます。

リラックスし、呼吸を安定させることでしっかりとした綺麗な声が出せるようになります。

原因5:喉が乾燥している

これは日常生活でも気付きやすいところですが、喉が乾燥していると声が上手く出せませんよね。ましてや歌はうたえません。

ボーカリストがステージ上で曲の合間に水を飲んでいるのは喉を乾燥させないためです。

喉は乾燥させないように注意しましょう。

カラオケで声を枯らさずに歌う6つの方法

声が枯れる原因がわかったところで、声を枯らさずに歌うにはどうしたらいいのか、気になりますよね?

この章では、カラオケで声を枯らさずに歌うコツを6つご紹介していきます。

方法1:歌う前にリップロールを行う

リップロールとは唇を閉じた状態で息を吐くことです。唇を閉じ「プー」や「ブー」など言うと唇がプルプルと震えますよね。

このリップロールを行うと音程をコントロールする感覚が身につきます。というのも、音程はまず声帯の微妙なコントロールで作られるからです。

口の形や舌の位置などはまず置いておいて、リップロールのみ(声帯のみ)で音程をとる練習をしましょう。

方法2:喉を開く

喉の緊張は禁物です。喉をリラックスさせ開くことで、息の通る空間が広がり負担なく歌えるようになります。

口を大きく開けるのとは違うので注意してください。

舌を口の中で平らにし、あくびをするような感覚で声を出すとうまくいきます。

方法3:自分の音域に合った曲を歌う

音域とは自分が出せる一番低い音から一番高い音までの範囲を指します。

当然、自分が出せない音程を含む曲を歌うと負担が大きくなります。自分の音域に合った曲を選ぶことも上手く歌うコツの一つです。

音域が狭いからといって心配しなくても大丈夫。現時点で音域が狭くても、しっかりトレーニングすれば音域は広げることが可能です。

自分の音域がわからないという人はこちらの記事を参考にしてください。
<リンク>

方法4:音域に合わせてキーを調整する

ユウ
ユウ
キーとは曲全体の高さのようなものです。

自分の音域が「ドレミファソラシドレ」までとします。歌いたい曲の音域が「ミファソラシドレミファ」だとミとファの音が出せません。

ただキーを2つ下げることで、つまり曲の音域を「ドレミファソラシドレ」まで下げることで自分の音域に合わせられます。

カラオケはリモコンで簡単にキーを変更できるので、積極的に合わせてみましょう。

キー調整のやり方がわからないという人はこちらの記事を参考にしてください。
<リンク>

方法5:高音はファルセット(裏声)を使う

地声で高い声は無理でも、ファルセットならかなりの高さまで出せる人が多いでしょう。地声で歌わなければいけないというルールはありません。

ファルセットをうまく使うことでちょっと苦しい高音も楽に出せるようになります。

自分の音域を把握したうえで、前述したようにキーを変える、またはファルセットで歌うようにしましょう。

ファルセットを出す方法はこちらの記事を参考にしてください。
<リンク>

方法6:腹式呼吸を身につける

腹式呼吸ができるようになればリラックスし、安定した声が出せるようになります。

なぜ腹式呼吸が大事かというと、歌うために必要な息のコントロールがしやすいからです。当然、声枯れの防止にもつながっていきます。

正しい腹式呼吸を身につけて声枯れをしないようにしましょう。

カラオケでの声枯れを治す・ケアする方法

声枯れをケアする方法はいくつかあります。

正しくケアすることで喉の負担が減り、歌う技術もどんどん向上していくことでしょう。

詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

<リンク>

正しい発声方法を学べるボイトレ教室3選

正しい発声方法を学べば、歌は着実に上達していきます。でも、自分一人だとちゃんとできているかどうか不安ですよね?

やはり誰かにしっかり教わることが上達への近道です。そこでこの章では、ボイストレーニングにオススメなボイトレ教室をご紹介します!

シアーミュージック

シアーミュージックは関東を中心に全国展開するスクールです。魅力はなんといっても講師を自由に選べること。

「今回はこういうジャンルの曲だからこの先生にしよう」「別の先生のアドバイスも聞いてみようかな」などレッスンごとに講師を自由に選ぶことができます。

もちろんずっと同じ講師に固定でもOK!自分に合った講師のアドバイスを積極的に取り入れていきましょう。

アバロンミュージックスクール

アバロンミュージックスクールは教室内の機材や歌手デビューのサポート、声優クラスなどが充実しておりプロとしての活動を視野に入れたスクールです。

もちろん、趣味で通われる方もたくさんいらっしゃいます。レベルの高い環境に身をおけばグングン上達することでしょう。

椿音楽教室

椿音楽教室はピアノ・声楽・バイオリンやフルートなど、クラシック色が強めな教室です。

もちろんドラムやギターのコースもありポピュラーな音楽も学ぶことができます。

充実した講師陣で安心です。声楽担当の講師からしっかり声の出し方を学べば、声枯れとは無縁でしょう。

カラオケで声が枯れる原因まとめ!

カラオケ 声 枯れる

✔声が枯れる原因
  • テキスト喉や身体に力が入っている
  • 声帯が閉じていない
  • 腹式呼吸ができていない
  • 喉が乾燥している

このようにカラオケで声が枯れる原因は様々ですが、一つ一つ見ていけば、必ず解決できる問題です。

しかし、自分一人ではなかなか判断できませんよね...。プロの方に見てもらい、プロの方のアドバイスを取り入れることで声枯れのない安定した声が出せるようになります。

綺麗な歌声で、あなたのボーカルライフをより充実したものにさせていきましょう!

おすすめの記事