カラオケ オク下

カラオケで歌う時、オク下がダサいと思われてしまうことがあります。オク下は、「オクターブ下」の略称です。

音程が高すぎて歌い切れない時などは、どうしてもそうなってしまいがちですが、直す方法はあるのでしょうか。

この記事では、カラオケのオク下がダサいと言われる理由について解説します。

この記事でわかること
  • オク下がサダい理由
  • オク下の判定方法
  • オク下の治し方

オク下の判定方法や直し方も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カラオケで言われるオク下とは?いくつのキーのこと?


一般的にカラオケでは、半音下げを-1、半音上げを+1で設定されています。オクターブ下(オク下)ということは、-12を指します。

高い曲においては、-1から-3くらい下げた設定でカラオケ音源は作られているので、原曲から考えた時には、より低い設定になっていると考えられます。

カラオケでオク下がダサいと言われる理由


カラオケでオク下がダサいと言われる理由は次の3点が考えられます。

✔オク下がダサいと言われる主な理由
  • オク下の歌い方はボソボソ声になる
  • オクしたはヘタに聞こえる
  • オク下で歌うことは恥ずかしことだから

オク下で歌うということは、原キーで歌えないために起きてしまいます。

上手に歌える人であれば、オク下で歌ってもかっこよく聞こえますが、歌い慣れていないと下手に聞こえてしまうことがデメリットです。

結果、オク下で歌うことは恥ずかしいことだと思われてしまいダサいと言われてしまうのです。

オク下で歌うのはダメ?


オクターブ下で歌うと、どうしても低い声になってしまうため、ボソボソとした声質になってしまいます。

そのため、気持ち悪く聞こえてしまったり、ヘタに思われてしまったりする傾向があり、結果的に、ダサいという評価に繋がります。

声質がよければ、魅力的な歌声になる可能性があるものの一般的にはマイナス評価です。

カラオケでオク下の判定方法|オク下になっている人の特徴を解説!


カラオケでオク下になっている人には、次のような特徴があります。

オク下になっている特徴
  • そもそも歌うことが得意じゃない
  • 音感が弱い

歌うことは好きだけれど、上手に歌えない人や相対的にでも音感を掴むことが苦手であれば、オク下になってしまう可能性があります。

上記の点を踏まえて、オク下になっているかどうかの判定方法について解説します。

判定方法1:原曲の最高音が地声で出せている


一般的に、男性においては平均的にhi Aが最高音です。男性楽曲でも、この音域が最高音であることが多くあります。

自分にとって歌いやすい楽曲で原曲キーの最高音を話す声で歌えていたらオク下です。仮に最高音がhi A以上だった場合は、裏声になってしまうためオク下になりやすい傾向があります。

判定方法2:原曲の最低音域でボソボソ声になる


反対に、原曲の最低音域がボソボソ声になっている場合、オク下で歌っている可能性があります。

そのため、ボソボソと何を歌っているのか分かりにくく、ダサいと感じてしまうかもしれないので注意しましょう。原曲キーを変えて声を出しやすいように設定することもおすすめです。

判定方法3:他の人にオク下と言われる


カラオケに行った時などに、「オク下になってるよ」と指摘を受けたら、それはオク下で歌っていたと思って間違いないでしょう。

知識がなくとも、原キーより低い音域で歌っていたら聞いている人にとっても違和感になる可能性があります。

判定方法4:音域チェックツールを使って確認する


オク下で歌っているかは、音域チェックツールを用いて確認できます。

音域チェックツールは、その名の通り、自分の歌える音域を視覚的に認識できるツールです。

この章では、主な2つの音域チェックツールを紹介します。

オク下判定アプリ


オク下判定アプリというものがたくさん出ています。アプリを使うことで、オク下で歌っているかを確認できるのでおすすめです。

カラオケ会社のアプリであれば、より忠実に判定してくれるので参考にしましょう。

カラオケの精密採点機能


カラオケ店には、採点機能が搭載されているものが多くあります。特に精密採点機能がある場合、歌っている画面で音域の表示してもらえるので音程を把握しやすくなります。

音域がズレた時は、色で表示してくれたり、音程バーを見ればズレていることが把握できたりするのでおすすめです。

カラオケでオク下の直し方!うまいと言われる歌い方のコツ!


この章では、カラオケでオク下を治す方法について解説します。

✔カラオケでオク下の直し方4つ
  • 自分の音域を知る
  • ファルセット(裏声)やミックスボイスを習得する
  • 歌いやすいキー設定で歌う
  • 自分の音域内で歌える曲を選ぶ

どうしてもオク下になってしまう方や、歌が上手くなりたい方はぜひ参考にしてください。

 

直し方1:自分の音域を知る


自分の音域を知ることが何より大切です。歌を歌っている中で、自分の限界を知っておくと歌いやすい曲を選べるようになります。

その他、音域を知ることの大切さについては、こちらで解説しているので、参考にしてください。

※内部リンク

直し方2:ファルセット(裏声)やミックスボイスを習得する


オク下を治すために、裏声の練習やミックスボイスを習得することも大切です。

一般的に、ミックスボイスやファルセットを習得することで、高音だけでなく低音なども綺麗に発声できるようになるため、歌を楽しめるようになります。

ファルセットやミックスボイスを習得する方法については、こちらで解説しているので、参考にしてください。

※内部リンク

直し方3:歌いやすいキー設定で歌う


カラオケでは、自分の音域を知った上で歌いやすいキーの曲を選ぶようにしましょう。歌いやすい分、歌うことを楽しめるだけでなく、歌がうまいと思ってもらえます。

歌いやすいキー設定で歌うことについては、こちらで解説しているので、参考にしてください。※内部リンク

直し方4:自分の音域内で歌える曲を選ぶ


自分が歌える音域で歌える曲を選ぶようにしましょう。オク下で歌うのは、自分の音域外で歌っているために引き起こされます。

そのため、自分の音域で歌いやすい曲を選ぶことがおすすめです。音域内で歌える曲であれば、よりカラオケも楽しめます。

カラオケのオク下改善に最適なボイトレ教室3選

オク下を改善してくれる最適なボイトレ教室をご紹介します。

おすすめのボイトレ教室 3選
  • シアーミュージック
  • アバロンミュージックスクール
  • 椿音楽教室

ボイトレ教室は、オク下を直せるだけでなく、歌のテクニックを学べ、歌える曲の幅も広がるのでスクールに通うことも視野に入れてみましょう。

カラオケのオク下改善に最適なボイトレ教室①
シアーミュージック|レッスンは全てマンツーマンで初心者でも安心

シアーミュージックは、全国各地に展開している音楽教室です。自分の行きたいタイミングで通える点も魅力のひとつと言えます。

また、「カラオケコース」があるので、オク下の改善や高得点を目指している人におすすめのレッスンを受けられるのでおすすめです。

レッスンスタイル マンツーマン
入会金 2,200円(税込)
料金 月2回 /¥11,000(税込)~月4回 /¥17,600(税込)
時間 45分

カラオケのオク下改善に最適なボイトレ教室②
アバロンミュージックスクール|プロも通う業界をリードする音楽スクール

アバロンミュージックでは、レコーディングレッスンを受けられます。

そのため、どのように自分が歌っているのか、また弱点などを把握できるため、より実践的に学べる点が魅力的です。

オンラインレッスンも展開しているので、自宅から出れない日などにもレッスンを受けられます。

レッスンスタイル マンツーマン
入会金 0円(定期的なキャンペーン実施しています)
料金 ビギナーズコース(30分)月2回 :¥8,250円(税込)
スタンダードコース(45分)月2回:¥10,560円(税込)~月8回:¥33,440円(税込)
プレミアムコース(60分)月2回:¥11,880円(税込)~月8回:¥41,360円(税込)

カラオケのオク下改善に最適なボイトレ教室③
椿音楽教室|全国200箇所以上のスタジオでいつでもどこでも気ままに受講可能

椿音楽教室には、ポピュラーボーカルコースというコースがあります。

カラオケで歌っている時に、音程のズレやオク下になどの改善方法を学べるのでおすすめです。講師の方と二人三脚で学べるので、専門家のレッスンを受けてみましょう。

レッスンスタイル マンツーマン
入会金 入会金 2,200円(税込)
料金 月1回:¥5,900(税込)~月4回:¥23,300(税込)
時間 60分

カラオケのオク下がダサい理由まとめ!

カラオケ オク下
カラオケでオク下がダサいと言われる理由がお分かりいただけましたでしょうか。

オク下自体に問題はないものの、歌い慣れていなかったり、そもそも音程がわかっていなかったりする点が問題です。

自分の歌える音域などを把握することや音楽教室で学んでカラオケをより楽しめるように、練習してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事