カラオケ ボイトレ
エム
エム
歌は上手くなりたいけど、ボイトレ教室に行くのもお金がかかるから、まずは独学で練習したいなぁ

このように、まだボイトレ教室に通うほどではないけれど、歌が上手くなりたいと思っている人はいらっしゃると思います。

そこで今回は、独学でも効率よく上達できる方法を紹介したいと思います。

✔この記事でわかること
  • カラオケでボイトレを行う意味や効果
  • ボイトレをカラオケで行うのがおすすめの理由
  • 効率よく上達できる方法や高音を出すコツ
  • カラオケボイトレをする際に気をつけること
  • おすすめのカラオケ機種、DAMとJOYSOUNDの違い

すぐ実践できる方法ばかりなので、興味のある人はぜひ試してみてください。

Contents

カラオケでボイトレを行う意味・効果とは

カラオケでボイトレをする際にも、どのような意味や効果があるのかわからず、気になる方もいるでしょう。

主な効果として挙げられるのは4つあり、下記のような効果が得られます。

✔カラオケボイトレをすることで得られる効果
  • 出せる音域が広がる
  • 声量が大きくなる
  • 滑舌がよくなる
  • 表現力や歌唱力が上がる

これらの4つの効果がどのようなものなのかを、次の項目から細かく解説をしてまいりますので、ぜひ参考にしてみてください。

効果1:出せる音域が広がる

歌を歌う際には、自分が楽器となるため、慣れていない場合だとどうしても音域が狭くなってしまいます。

しかし、カラオケなどでしっかり歌い込んでいくと、筋肉や声帯などが鍛えられ柔軟になるので、だんだん出せる音域は広がっていきます。

できる限り声が出せる環境を見つけて、しっかり声を出しながら練習をしましょう。

効果2:声量が大きくなる

これも上記と同じような感じになりますが、歌い込んで声帯の柔軟性や必要な筋肉を鍛えることで、喉の負担を減らすことが可能です。

初心者や久しぶりに歌った人の場合、なんとか喉で声を出そうとして声が枯れてしまう場合があります。

しっかり歌い込んで、喉に力が入っている状態の喉声にならないように練習をしましょう。

効果3:滑舌がよくなる

歌を上手く歌うときには、ベロの動きが柔らかく動かせるようになることも重要なポイントとなります。

舌の動きが柔軟になることで、はっきりした発音をすることができるようになります。

なので、小さな声で歌う必要がある時でも言葉がこもらずはっきり歌うことが可能です。特に大きな抑揚を必要とする曲では重要なのでしっかり身につけましょう。

効果4:表現力や歌唱力が上がる

こちらも練習の仕方次第になりますが、声帯やその他歌に必要な筋肉を鍛えることで、曲を歌うときに大きな抑揚を作ることが可能です。

カラオケで高得点を出す場合や人に聴かせて感動を与えようとする場合でも重要で、このテクニックによって表現力が増して歌うまになれます。

特に歌うまの人を目指す人にとっては、表現力や歌唱力UPは必須なので、しっかり練習をして身につけましょう。

ボイトレをカラオケで行うのがオススメの理由

歌を練習する際には、なるべく声をしっかり出して歌うことが上達することへの近道となります。

しかし、自宅や公共の場所などでは防音されていない限り、周りの迷惑になることが多いです。

そんな時はカラオケルームを使って練習するのがおすすめです。

✔カラオケでボイトレをするメリット
  • 周りを気にせず声を出せる
  • スクールに通うより料金が安い
  • 自由に飲み食いしながら練習ができる

上記のような利点があるので、細かく解説をいたします。

周りを気にせず声を出せる

カラオケボックスは、周りの人もマイクを通して大きな声で歌っていたりして騒がしい環境なので大声を出して歌っても気になりません。

また、防音機能のある閉鎖された部屋の中で歌ったりするので、外に音が漏れることも気になりません。

スタジオで練習するのが厳しい場合は、カラオケボックスで練習するといいでしょう。

スクールに通うより料金が安い

スクールに通ってレッスンを受けながら練習するのは、上達するには一番効率の良い方法です。

しかし、ボイトレ教室でレッスンを受けると費用がかかってしまい、金銭的に負担になってしまう方もいらっしゃると思います。

そんな方でも、カラオケボックスは手頃な値段で練習場所を借りられるので、金銭的に厳しい方はこの方法で練習すると良いでしょう。

自由に飲み食いしながら練習ができる

カラオケボックスでは、音楽スタジオなどとは違い、ドリンクバーや食べ物を注文をすることが可能です。

中には、カラオケボックスに飲み物や食べ物を持ち込めるカラオケ店などもあり、喉が渇いたり小腹が空いたら飲食をすることもできます。

歌うだけで飽きてしまったのであれば、食べ物や飲み物などを注文して食事などを楽しむのもおすすめです。

カラオケでボイトレを行うときのやり方|歌が下手な人でも上達できる方法を解説

実際にカラオケに行って練習をしようと思ったけれど、どのように練習をしたら上達できるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には以下の5つの練習方法を紹介いたします。

✔おすすめのカラオケの上達方法
  • 歌う前にストレッチを行う
  • 正しい姿勢で歌う
  • 腹式呼吸を使う
  • 伴奏に合わせて歌う
  • ボイトレ機能を使って練習する

役に立ちそうだと思ったらぜひ試してみてください。

やり方1:歌う前にストレッチを行う

歌を歌う際に体が固くなってしまっていると、思うような声を出すことができません。

特に肩の部分や首まわりなどが固まってしまうと、高音などが出しにくくなってしまい、音が固く聞こえてしまう原因になります。

なので、歌う前にはストレッチをしてから、歌う練習をしましょう。特に首まわりや肩の部分、舌の部分のストレッチを重点的に行うようにしてください。

やり方2:正しい姿勢で歌う

良い声を出すコツとして、正しい姿勢で歌うことも忘れてはなりません正しい姿勢で歌うことによって気道を確保することができ、歌いやすくなります。

注意するポイントは立って歌う場合や座って歌う場合では正しい姿勢の取り方が違います。以下の部分で詳しく解説をするので、参考にしてみてください。

立って歌うときの正しい姿勢

歌は基本的には座って歌うより立って歌う方が下半身で支えることもできるので、より声を出しやすくなります。

立って歌うときのポイントとしては、肩幅に足を開く、背筋を伸ばして上から下まで一直線になるように構えましょう。

その上で身体をリラックスをさせ、手は足の横に置いて、視線を上げて顎の気道を確保してから歌うようにするのがベストです。

座って歌うときの正しい姿勢

座って歌を歌う場合、全体的に丸みを帯びてしまい姿勢が崩れやすく、気が抜けやすいのが特徴です。基本的には立って歌う方が歌いやすくなります。

しかし反対にメリットもあり、重心が落ちるので深いブレスを入れやすくなり、長時間歌う際には疲れにくくなります。

また気が抜けやすくなる反面、リラックスをしやすくなるので、座って歌う場合には姿勢の崩れに気をつけながら歌いましょう。

やり方3:腹式呼吸を使う

ボイトレ 高音

歌うときに腹式呼吸を使って歌えるようになることは、歌において絶対に欠かすことのできない基本中の基本とも言えるほど重要です。

腹式呼吸にすることで、発声や音程を安定させることができるようになり、ロングトーンなど長い呼吸をする場合や強弱をつける際にも欠かせません。

また、腹式呼吸を使うことで上半身をリラックスさせることができるので、声を枯らしたり壊しにくくなるメリットもあります。

やり方4:伴奏に合わせて歌う

歌を歌う場合、ア・カペラで歌う場合もありますが、基本何かの楽器とともに合わせて歌う場合がほとんどです。

伴奏に合わせて歌う場合、1人で歌って練習をしているのとは違うので注意が必要です。なぜならリズムやニュアンスが大きく変わることが多く、混乱をしてしまう場合があります。

その場合、自分のパートだけを覚えるのではなく、相手のパートをしっかり頭に入れながら歌うようにしましょう。

やり方5:ボイトレ機能を使うのも◎

カラオケボックスで練習をする際には、たいていどのお店にもボイトレ機能が搭載されていることが多いです。

ボイトレ機能はお手本としてのガイドボーカルがついていたり、そのほか細かい技術なども身につけることが可能です。

自分で楽譜を読んで覚えられない場合や細かいニュアンスがわからないという方は、こちらのボイトレ機能を使って練習をしてみるようにしましょう。

【応用】カラオケで高音をスムーズに出すために必要なミックスボイスの出し方

ミックスボイスは、裏声と地声が混ざったような、地声のような強い裏声のことを言います。

特に高音域を出す場合には、必須の技術でもあります。地声のような要素を持ちながら、裏声の音域が出せるようになり、喉への負担も少なくすることができる便利な技術です。

より詳しく知りたい方は下記のリンクをクリックしてください。

カラオケでボイトレをするときに気をつけること

カラオケでボイトレをする際に注意しなければならない点があります。

独学で練習する際には、以下の項目を注意しながらボイトレを行うようにしてください。

✔カラオケでボイトレをする際の注意点
  • 喉に優しい飲み物を選ぶ
  • 喉を開いて歌う
  • マイクを使わないことも大事
  • エコーをかけない

知らないで歌ってしまうと上達を妨げになる場合や、喉を枯らしてしまったり、最悪の場合喉を壊してしまう場合があるので、しっかり抑えておきましょう。

喉に優しい飲み物を選ぶ

歌を歌う際には、喉の状態を良くしておくことが重要です。なので、歌っている最中は喉に優しい飲み物などでケアをする必要があります。

おすすめな飲み物は人によりばらつきがありますが大体の場合、、オリーブオイルなどの油、スポーツドリンク、温かい飲み物などが良いでしょう。

逆に緑茶やウーロン茶などの油を分解するものや炭酸飲料、お酒などのアルコール、コーヒーなどのカフェインが入った飲み物は喉を荒らしたり、利尿作用などで水分や油分を奪うので気をつけましょう。

喉を開いて歌う

歌は身体を使って音を出すため、身体自体が楽器となります。そのため良い声を出すには、身体の中にできる限り多くの空間を作ることが必要です。

喉を開いて歌うことは、詰まった響きを解消してより響く声を出せて、音量も上がります。また、気道が広くなるため、少ない息の量でより響きをある声を出すことも可能です。

より詳しく知りたい人は、下記のリンクをクリックしてください。

マイクを使わないことも大切

カラオケといえば通常はマイクを使用して歌を歌うことが基本です。しかし、練習をする際にマイクを使ってしまうと、自分の声を聴くことが出来ません。

カラオケのマイクはお客さんが気持ちよく歌いやすいように、高音域を響きやすくし低音域の響きを少しカットしてあります。

なので、練習の際にはマイクを使わずに生声で歌うようにすると、自分の本当の歌声を聴くことが出来ます。より修正するポイントが見つけられるので、上達したいのならおすすめの方法です。

エコーをかけない

こちらもマイクを使って歌う事と同様に、エコーがかかっていると歌声がよく響くので、上手く歌えているように錯覚をしてしまいます。

なので、歌を練習する場合にはエコーをかけないで、生声でどれだけ上手く歌えているかを正確に確認する必要があります。

エコーなしの状態で音程や抑揚、リズム、声の響きなどがしっかり出せるようになれば、歌うまになること間違いなしなので頑張って練習をしてみてください。

ボイトレにオススメのカラオケ機種|DAM・JOYSOUNDどちらがいい?

カラオケ店に行くと「DAMかJOYSOUNDのどちらの機種がよろしいですか?」と必ず聞かれると思います。

けれどもこのつの機種はどのような違いがあるのかがわからない人が多いのではないでしょうか?

以下の部分でDAMとJOYSOUNDの違いとどのような人におすすめなのかを解説したいと思います。

DAMがオススメな人

DAMは業界の中で最も多く使われているカラオケ機種です。主に本気で歌が上手くなりたい人向けに作られております。

原曲に近い楽曲で歌いたい方やテレビなどでやっている精密採点がやってみたい方、ボイトレ機能を使って練習がしたい方におすすめです。

以下の部分でより詳しく解説をするので、ぜひ参考にしてみてください。

原曲に近い楽曲で歌いたい人

他の機種では歌いやすいようにアレンジがされていることが多いです。しかしDAMはほぼ原曲通りに再現がされているため、よりライブ会場にいるような生の臨場感を楽しみながら歌うことが出来ます。

特に原曲を生で聴き込んでいるファンなどは、簡単にアレンジされたバージョンではストレスを感じることもあります。

しかしほぼ原曲通りになっていればストレスを感じることなく、気持ちよく歌うことができるのでおすすめです。

精密採点を期待する人

DAMはカラオケでより高得点を狙いたい方やより厳しい判定の中で歌唱力を徹底的に磨きたい方におすすめの機種です。

ほぼ人間が採点したものに近いくらいに非常に精密な採点が行われるので、わずかな半音などのずれも感知します。より上級者向けの採点機能と言っても良いでしょう。

また、どのような部分を直せば良いかなどをアドバイスしてくれる機能もあるので、本気で上手くなりたい方はぜひ挑戦してみてください。

ボイトレ機能を使いたい人

DAMではカラオケの練習のために、ボイトレ機能がついております。これは各ステップごとに課題が用意されており、順番にクリアをしていくことで歌唱力アップを目指します。

このボイトレ機能は音程やリズムだけをチェックするのではなく、ビブラートやこぶしなど歌に必要なテクニックや歌い回しのトレーニングも可能です。

しっかり実力を上げていきたい方は、ぜひとも利用をして聞いた人をあっと言わせる歌唱力を手に入れましょう。

JOYSOUNDがオススメな人

今度はJOYSOUNDについて解説をしてまいりましょう。JOYSOUNDはDAMに比べて断然曲数が多いのが特徴です。

よりマニアックな歌やマイナーな曲が搭載されていることが多いので、コアなファンの方などはこちらの方がおすすめです。

また、歌以外にも楽しみたい方や他のユーザーがどのような歌い方をするのかチェックしたい方にもおすすめです。下記でより詳しく解説をいたします。

好きな歌を上達させたい人

JOYSOUNDはDAMに比べて曲数が全然多いので、歌いたいけど登録されていないようなマイナーな曲やマニアックな曲を歌うことが可能です。

また、まだ世に出回っていない新曲や次に話題になりそうな曲なども収録されている場合も多く、先に歌いこなせるようになりたい方にもおすすめです。

他にもボカロや舞台、ミュージカルの曲を練習したい方にも良い機種なので、メジャーではない曲を歌いたい方はJOYSOUNDを選びましょう。

歌以外に楽しみながら歌いたい人

JOYSOUNDにはカラオケの歌だけではなく、お笑いのチャンネルやエンタメコンテンツ、楽器の練習もできる機能などがついております。

他にも専用のアプリを使えばYouTubeに繋いだり、オリジナルの動画を背景に歌うなど、楽しみ方のバリエーションが豊富なのも特徴です。

カラオケで長時間歌って疲れた場合は休憩の間に別のことをして、いろいろな楽しみ方をしてみましょう。

他のユーザーの歌い方もチェックしたい人

他にもJOYSOUNDには「うたスキ」という機能が搭載されており、他のユーザーの歌い方をチェックしたり参考にしたりすることが可能です。

他のユーザーがどのように歌っているのか、または上手い人の歌を聴いてモチベーションを上げるのにも使用することが出来ます。

いろいろな人の歌い方を聴いて、自分の歌に取り入れることで上達することもできるので、ぜひ試してみてください。

カラオケで歌が上手くなれるオススメのボイトレ教室3選

ここまで、独学でカラオケボックスでの上達方法を解説してまいりましたが、練習を続けるとどうしても上手くならず壁にぶち当たる場面に遭遇します。

そんな時は思いっきりボイトレ教室に通って、レッスンを受けることが1番の解決方法となります。

そこでこの章では、中でも特におすすめのボイトレ教室を3つ厳選しています。

✔オススメのボイトレ教室3選
  • シアーミュージック
  • アバロンミュージックスクール
  • 椿音楽教室

プロに歌い方を習ってより歌唱力を上げたい人はぜひチェックしてみてください!

シアーミュージック|最もよく知られた王道のボイトレ教室

ボイトレ教室を選ぶ際に、必ずと言って良いほど名前が上がる有名なボイトレ教室です。

YouTuberとして有名な「しらスタ」さんをはじめ、採用率5%の難関の試験を乗り越え、さらに研修で腕を磨いた非常に優秀な講師たちが揃ったとても質の高いボイトレ教室です。

忙しい方でも、近くの駅の教室でレッスン可能な上、急な用事が入った場合でも予約の変更がしやすいので、教室選びに迷ったら、まずはこちらの教室を選ぶと良いでしょう。

総合評価 ★★★★★
入会金 2,200円〜(税込)
料金 11,000円〜(税込)
講師の質 ★★★★★
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 個人レッスンのみ対応
店舗数 全国98店舗
※東京・神奈川・千葉・札幌・福岡・大阪・京都などに店舗あり

アバロンミュージックスクール|公式ボイトレ本が1位の実績あり

こちらのボイトレ教室は、公式ボイトレ本がAmazonの音楽書籍部門で1位を取った経歴のある独自のレッスン内容が魅力の教室です。

また、最新の機種を揃えており、録音をして間違っているところや通常の機材では再生できない細かいニュアンスの違いを鮮明に聴くことができます。

自分を客観視しながら、練習をしたいと考えているのならこちらの教室の無料体験をぜひ受けてみてください。

総合評価 ★★★★☆
入会金 11,000円〜(税込)
料金 8,250円〜(税込)
講師の質 ★★★★☆
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 個人レッスンのみ対応
店舗 全国16店舗
※東京・神奈川・埼玉・千葉などに店舗あり

椿音楽教室|自分の好きな曲を1曲だけ集中して仕上げることも可能

ボイトレを受けたいと考えているが、急な用事などが入りやすく忙しい方には、こちらの椿音楽教室がおすすめです。全国200ヶ所以上に店舗があり、自分の好きな場所でレッスンを受けられます。

また、このボイトレ教室は他の教室ではやっていない、1曲だけを集中して仕上げる珍しいコースもあります。

急に発表しなければならない場面やサプライズで演奏をしたい方などにもおすすめなので、気になった方はぜひ無料体験を受けてみましょう。

総合評価 ★★★★☆
入会金 10,000円
料金 5,900円〜(税込)
講師の質 ★★★★☆
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 個人レッスンのみ対応
店舗 全国200店舗以上
※東京・大阪・京都・兵庫・奈良などに店舗あり

カラオケボイトレのやり方まとめ

カラオケ ボイトレ

ここまで、独学でもできるカラオケボイトレの練習方法について解説をしてまいりましたが、ここで改めて学んだことを整理いたしましょう。

✔カラオケボイトレで上達できる方法のまとめ
  • 声の音量や表現力などの歌唱力アップができる
  • 料金を安く抑えながら、周りを気にせず練習ができる
  • 喉を開いて生歌で歌って練習することが大事
  • DAMは歌が上手くなりたい人向け、JOYSOUNDは歌以外でも楽しみたい人向け

練習法にはいろいろなやり方があるものですが、自分だけでは限界が来てしまうことも多いと思います。そんな場合でしたら、思い切ってボイトレ教室に通ってしまうのも良いでしょう。

今回の記事でいろいろな練習法や注意点などを紹介したので、まずはこれらを参考にして歌唱力アップを目指して頑張ってください。

おすすめの記事