ビブラート 種類

歌がうまいと言われるテクニックであるビブラート。

プロ歌手はどうしてあんなに綺麗にビブラートがかけられるのか知りたいと思いませんか?

✔この記事でわかること
  • 大きく分けて3種類あるビブラートの出し方について解説
  • 実際に使う歌手の例から具体的なビブラートの出し方を紹介
  • カラオケDAMの採点で実際に使われているビブラートについて解説
  • カラオケで歌えるビブラートが出しやすい歌を紹介
ユウ
ユウ
プロ歌手として活躍している筆者が、具体的な例を出しながら初心者にもわかりやすく解説していきます。

この記事を読めばビブラートのやり方がまるっと分かるようになります。

ビブラートを練習してカラオケ高得点を目指しませんか?

ビブラートとは?どんな仕組み?

ビブラートの原理は様々ですが、一言で言うと「音を揺らして歌に抑揚をつける」です。

特に近年流行している曲・歌手のほとんどがビブラートを使っています。

種類の部分で詳しく解説しますが、ビブラートの原理として、顎や喉、横隔膜を使うことによって音を揺らしています。

ビブラートの出し方は?簡単に出せるようになる練習法!

顎・喉・横隔膜 それぞれにビブラートの仕組みが違うため、練習方法も変わってきます。

仕組みがわかれば簡単に習得することができるので、チャレンジしてみましょう!

ビブラートの具体的な出し方についてはこちら

ビブラートの種類

ビブラート 種類

ビブラートは大きく分けて三種類あります。
ユウ
ユウ
✔ビブラートの3つの種類
  • 横隔膜 (お腹)

では、1つ1つ解説していきます。

顎を使ったビブラート|喉に負担をかけずに抑揚をつけられる

演歌に多く使われる顎を使ったビブラート。

ユウ
ユウ
ビブラートの中では、比較的だれでも簡単に抑揚をつけられます。

また、「あうあうあうあう…」と顎を動かして音を揺らすので、喉へ負担をかけずに抑揚を表現することができるのが利点。

この種類のビブラートを使う歌手

✔顎ビブラートを使う歌手
  • 氷川きよし
  • 五木ひろし

演歌のプリンスの氷川きよしさん。映像でも顎を使ってビブラートしているのがわかります。

歌い方に特徴のある五木ひろしさんはよく他の人にモノマネをされていますよね。ビブラートの波が大きく、とても顎ビブラートだとわかりやすいです。

喉を使ったビブラート|初心者でもビブラートが出しやすい

喉を使って声の強弱を使ってビブラートをかけるテクニックです。

顎を使ったビブラートよりも揺れる幅が小さく細かいため、このように呼ばれています。

ユウ
ユウ
喉に力が入ってしまうため、優しい歌声での表現はむずかしいですが、力強い声での表現にはもってこいですね。

この種類のビブラートを使う歌手

✔喉ビブラートを使う歌手
  • 宇多田ヒカル
  • GACKT

喉ビブラート通称ちりめんビブラートの代名詞と呼ばれる宇多田ヒカルさん。

宇多田ヒカルさんの喉ビブラートが不快に感じないのは、癒し効果のある「1/f(エフぶんのイチ)ゆらぎ」で発声されているからと言われています。

GACKTさんは、激しい曲・バラード曲に関わらず、ロングトーンの部分で喉ビブラートを多用しています。

どの曲でもビブラートの波の周期が一定で、喉ビブラート=GACKTさんともいわれています。

横隔膜を使ったビブラート|難易度は高い!でもプロのような表現ができる

難易度が少し高い横隔膜ビブラート。

横隔膜ビブラートとは、腹式呼吸を応用したビブラートだと思ってもらえれば大丈夫です。

身につければ、短い音から長い音まで幅広く活用することができますよ。
ユウ
ユウ

この種類のビブラートを使う歌手

✔横隔膜ビブラートを使う歌手
  • 森山直太朗
  • Uru

森山直太朗さんは美しい裏声が魅力的ですよね。横隔膜を使うことで安定したビブラートをすることができる歌手です。

Uruさんは透明感のある歌声に、しっかりと存在感のあるビブラートが特徴ですね。

カラオケDAMの精密採点には独自のビブラートの種類がある

DAMには独自のビブラートの種類があります。

※参考リンク:DAM★とも精密採点 歌唱タイプとは?

ボックス型

音の高さやビブラートの波が変わらない一般的なビブラート。

波の幅と、周期(回数)によって大きくA B C 3つのタイプに分かれます。

小刻みに揺れないBタイプと、より幅の大きいCタイプが採点で高得点をとりやすいビブラートです。
ユウ
ユウ

上昇形と下降形

これは、音の高さがだんだん上がったり下がったりするタイプのビブラート。

DAMの採点には音程がきちんと決められているため、ボックス型のビブラートの失敗した形として、結果に出てくる場合がほとんどです。

ユウ
ユウ
失敗したからといって点数が下がるものでもないので安心してくださいね。

縮小形と拡張形

縮小形と拡張形は、揺れの幅が徐々に小さくなったり大きくなったりするビブラートのことを指します。

縮小形は、悲しい・切ない歌詞の時、拡張形はテンションが上がった時など感情を表す時に出やすいビブラートです。

ユウ
ユウ
DAMでは得点にならないことが多いですが、曲に合わせて使うことで非常にうまく聴こえる技法ですよ♪

ひし形

大きい波のビブラートからだんだん波が小さくなっていくビブラート。

こちらもボックス型の失敗として結果に出てくる場合があるビブラートですが、フレーズの終わりなどに使うと効果的なビブラートの種類です。

ユウ
ユウ
上昇・下降系と同じく点数が下がるものではありませんので安心してください。

カラオケでビブラートをかけたのに判定されないのはなぜ?

一番の原因として考えられるのは下記の2点になります。

✔ビブラートと判定されない理由
  • 揺れる幅が小さい
  • 波が細かい

自分ではかけているつもりでも、幅が狭いと同じ音だと判断されてしまいます。また、波が細かすぎるビブラートの場合も、揺れていると判断されにくいです。

採点の画面を見ながら、判定がされている時とされていない時の「揺れる幅」「波の細かさ」を聴き比べてみましょう。
ユウ
ユウ

ビブラートを習得したいならボイトレ教室!おすすめ3選!

ビブラートを習得したいなら、プロに習うのが一番です。

この章では、おすすめのボイトレ教室を3選ご紹介します。

シアーミュージック

コロナ禍でボイススクールが打撃を受ける中、独自の感染対策(二つのレッスン室に分かれてレッスン)を行っているスクール。

そのため、安全に楽しく個別レッスンが受けられるのが特徴です。

ユウ
ユウ
歌も上手になりたい!楽器も演奏したい!作曲も勉強したい!というたくさんの「やりたい」をかなえてくれます。

また、ボイスレッスン以外にも楽器やDTMなど様々なコースを組み合わせて受けれるところも人気の秘密でしょう。

アバロンミュージックスクール

ソニーミュージックの後藤友輔(To Be Continued)が、プロデューサーとして設立した話題のスクール。

独自のデビューサポートコースで本気の歌手を目指すことも可能なところが魅力。

また、歌や声にフォーカスしており、話し方のコースやミュージカルなどを学ぶこともできます。

声優を学べる姉妹スクールもあるので選択の幅が広がりますね。

椿音楽教室

最大の特徴は条件が合えば、家の近くでレッスンが可能な音楽教室であること。

大手のスクールは校舎にレッスン室を持っており、生徒が校舎がある場所まで足を運ぶ形式ですが、椿音楽教室ではスタジオに講師が出張する形式をとっています。

そのため、家の近くに練習スタジオがあり、講師の先生が出張可能ならレッスンを受けることが可能です。これは他のスクールにはない特徴ですね!

ユウ
ユウ
ピアノ、歌、管弦楽器、ドラムに三味線など学べるコースがとても多いですよ。

同じ楽器でも講師の先生がたくさんいるので、自分に合う先生に出会えるはず!

ビブラートの種類はどう使い分ける?プロ歌手が解説!

ユウ
ユウ
まず、自分ができるビブラートを優先して出していきましょう。

使えるビブラートの種類が増えてきたら喉の様子をみて、力強い曲は喉ビブラート、横隔膜ビブラートができるようになったら、フレーズの終わりのちょっとした短い音に入れると効果的です。

また、顎ビブラートは演歌に多く使われるので、演歌を歌う場合は顎ビブラートがおすすめ。

カラオケの点数アップを目指すなら、幅の深いビブラートを意識して練習してみましょう。

ビブラートが出しやすい歌!おすすめの練習曲3選!

ビブラートが出せるようになるためには実践あるのみです。

ここでは、練習に使える曲を3曲紹介します。

ビブラートのおすすめの練習曲を男女別で紹介!

愛のうた/倖田來未|フレーズ終わりのビブラートが練習に最適

ゆっくりで歌いやすいフレーズが多く、ビブラートが出しやすい歌。

ユウ
ユウ
終わりにビブラートをかけるにはもってこいの一曲です。練習に活用してみましょう。

さくら–独唱/森山直太郎|男性のビブラート定番曲!


合唱曲でもお馴染みの「さくら」。ゆっくりなメロディーに安定したビブラートが特徴的な一曲。

ユウ
ユウ
まずは、のばしている音にビブラートをかける練習から始めてみましょう。

男性で音が高いと感じたら「素晴らしい世界」(最後のサビ前まで)がおすすめです。

Story/AI|長いビブラートから短いビブラートまで練習可能

L.A.育ちで洋楽の要素がふんだんに使われているAI。storyは長い音符のフレーズが多く、ビブラートが出しやすい歌です。

ユウ
ユウ
短い音符で少しテクニカルなビブラートもあるので、少しビブラートが出せるようになった後の応用としても活用できます。

ビブラートの種類まとめ!

ビブラート 種類

今回はビブラートについて解説しました。

ビブラートの種類は音を揺らす原理ごとに大きく分けて3種類

✔ビブラート種類と使い分け
  • 演歌でも多く使われる顎ビブラート
    「あうあうあう」を意識するだけで簡単に出せる
  • 細かい波をかけるなら喉ビブラート
    喉を意識すれば出せるようになる!力強い表現に向いているビブラートなので練習して習得しよう
  • ちょっと難しい横隔膜ビブラート
    安定したビブラートをかけたいならこれ。ちょっと難しいけど練習してみよう

自分が出せるビブラートから少しづつ練習してみましょう。

おすすめの記事