ちりめんビブラート
ロア
ロア
ちりめんビブラートって何?あまり良くないとも聞くけど…?

歌に興味のある方は一度はきいたことがあるであろう「ちりめんビブラート」。でも、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ちりめんビブラートについて徹底的に解説します!

✔この記事でわかること
  • ちりめんビブラートとは
  • 不安定なちりめんビブラートの直し方
  • ちりめんビブラートが上手い歌手5選
  • 安定したちりめんビブラートの練習方法
ユウ
ユウ
ちりめんビブラートの疑問を解決しちゃいましょう!

ちりめんビブラートとは|喉ビブラートとの違いって?

ちりめんビブラートは、喉を使ったビブラートです。なので、喉ビブラートとほぼ同義と考えてOKです。

ただ、ボイストレーナーによっては「ちりめんビブラート=不安定な良くないビブラート」と定義している人もいます。

ユウ
ユウ
多くのボイトレ用語には正確な定義はなく、人によって解釈が変わってきます。

ちりめんビブラートが駄目と言われる理由

ちりめんビブラートが駄目と言われる理由は、初心者が真似しようとすると不安定な声になりやすいためです。

ちりめんビブラートで歌うプロの歌手の方々は、安定した発声があって、その上でちりめんビブラートがかかるので美しく聴こえるんです。

この声を真似しようとすると、ただ声が震えているだけ、緊張しているだけのように聴こえてしまうことが多くなります。

ユウ
ユウ
なかなか真似できない技術なんですね。

ちりめんビブラートを習得するメリット

ちりめんビブラートを習得するメリットは、なんといっても歌の表現の幅が広がることです。

このあとご紹介する歌手の方々のように、安定したちりめんビブラートはとても魅力的で、深い感情表現をすることができます。

ユウ
ユウ
魅力的ですが、習得するのが難しいのがちりめんビブラートです。

不安定なちりめんビブラートになる原因

不安定なちりめんビブラートになってしまうのには様々な原因がありますが、「緊張」が特に多いと考えられます。

体が緊張して喉に力が入りすぎたり、息の流れが安定しないことで音程が不安定になってしまうと、ただ声が震えているだけの不安定なちりめんビブラートになってしまいます。

ユウ
ユウ
ビブラートは、安定した発声の中でかけるのが鉄則です。

不安定なちりめんビブラートの直し方

では、ここからは不安定なちりめんビブラートの直し方をご紹介します。

治し方1:顔・首・肩をストレッチでほぐす

不安定なちりめんビブラートの原因は「緊張」なので、その緊張をほぐすことが大切です。

まずは体をリラックスさせるために、顔や首、肩周りをストレッチでほぐしてあげましょう。

ユウ
ユウ
ストレッチは、無理せずゆっくり行いましょう!

治し方2:気持ちをリラックスさせる

「緊張」は、メンタル面も大きく関わってきます。

完璧に歌わなきゃ!音程をちゃんと取らなきゃ!などと考えすぎてしまうと、その思考によって体が緊張してしまうんです。

なので、「間違ってもいいや~」くらいの気楽な気持ちで、リラックスしながら歌ってみてください。

ユウ
ユウ
気持ちがリラックスした方が、声は伸び伸びと出るようになります♪

治し方3:深くリラックスしたブレスをする

緊張によって呼吸が浅くなると、不安定なちりめんビブラートになってしまいます。

なので、深くリラックスしたブレスをすることも大切です。

吸う時は腰周りをフワッと緩めて、吐く時も気持ちよくラク~に息を流すイメージで呼吸をしてみましょう。

ユウ
ユウ
深いブレスができると、音程が安定してきます。

ちりめんビブラートが上手い歌手5選

ここからは、ちりめんビブラートが上手い歌手をご紹介します。

宇多田ヒカル


ちりめんビブラートといえば、宇多田ヒカルさん。宇多田ヒカルさんが世に出たことで、ちりめんビブラートがだんだん評価されるようになりました。

この常にビブラートのかかった独特な歌声だからこそ、宇多田さんの歌はエモーショナルな魅力で、聴いている人を感動させます。

宇多田ヒカルさんについて、より詳しく知りたい方はこちら▼

GACKT

GACKTさんも、ちりめんビブラートが特徴的な歌声です。太目のしっかりした歌声なので、ビブラートがかかっていても安定感があります。

この曲のAメロのロングトーンはビブラートがわかりやすいですね。ロック調の曲にビブラートがかかることで、さらに疾走感を感じさせてくれます。

GACKTさんについて、より詳しく知りたい方はこちら▼

黒沢薫(ゴスペラーズ)

ゴスペラーズの黒沢薫さんも、ちりめんビブラートの持ち主です。この曲も、語尾のロングトーンにかかるビブラートが美しいですよね。

黒沢さんは、メインボーカルの時にはビブラートをかけていますが、コーラスパートの時はかけていません。パートによって、ビブラートの有無をコントロールされているようです。

Aimer

Aimerさんの歌声にも、非常に細かいちりめんビブラートがかかっています。このビブラートが、Aimerさんの音楽の世界観をより魅力的にしていますよね。

特に「茜さす」のようなバラード曲は、息が多めでビブラートがかかったAimerさんの独特の歌声によって、より感傷的に切なく聴こえてきます。

井口理(King Gnu)

King Gnuの井口理さんは、多様な発声方法を使っていらっしゃいます。その中でも、この「白日」の出だしのような高音域の歌い方では、ちりめんビブラートが使われています。

ファルセットを多めに混ぜたやわらかい声の表現に、ビブラートがとても美しいですよね。このビブラートによって、この曲の出だしはとても印象的になっています。

安定したちりめんビブラートのやり方

まずは歌いやすい音程で、「あああああああああああ」と声をまっすぐ出してみます。息も一定のペースで安定して流します。

次に、息は安定させたまま、ゆっくり音程を上下に変えながら「あぁあぁあぁあぁあぁ」と歌ってみましょう。慣れてきたら、少しずつ音程を変えるスピードを速くします。

ユウ
ユウ
最初はゆっくりから練習するのがポイントです。

ちりめんビブラートを練習する時の注意点

ちりめんビブラートを初めて練習する時は、喉に力が入りやすくなります。喉の力はなるべく抜いて、喉が苦しいようなら無理はしないようにしましょう。

また、息を安定させないと「不安定なちりめんビブラート」になってしまいます。腰を緩めて深く息を吸って、一定の息の量を保ちながら声を出すようにしましょう。

ユウ
ユウ
無理して喉を痛めないように注意!

ちりめんビブラートを効率よく練習できるボイトレ教室3選

ちりめんビブラートは難しい技術です。なので、習得するためには独学よりもボイトレに通うのが一番の近道となります。

そこで、ちりめんビブラートも練習できるおすすめのボイトレ教室をご紹介してみます!

シアーミュージック

全国に98校舎を展開する、シアーミュージック。国内最大規模のボイトレスクールです。

ボイトレは全てマンツーマンレッスンなので、ビブラートの練習もじっくりすることができますよ。

ボイトレの日時や講師、ボイトレを受ける校舎も毎回自由に選べるのが嬉しいポイント。忙しい方でも無理なく通うことができます♪

入会金 2,200円
料金 11,000円(45分/月2回)~
講師の質 ★★★☆☆
対象のレベル 初心者、趣味、プロ
対応の音楽ジャンル ポップス、洋楽、アニソンetc..
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 マンツーマン

アバロンミュージックスクール

東北・関東・九州に展開している、アバロンミュージックスクール。

プロの歌手も通うほどの質の高いレッスンが魅力です。ビブラートなどの技術の習得にはぴったりですね。

レッスンの日時は、自由に決めれるフレックス制です。通いやすいと評判のスクールです。

入会金 10,000円 (時期によっては無料)
料金 8,250円(30分/月2回)~
講師の質 ★★★★☆
対象のレベル 初心者、趣味、プロ
対応の音楽ジャンル ポップス、ロック、R&Betc..
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 マンツーマンのみ

椿音楽教室

椿音楽教室は、全国200カ所以上の音楽スタジオでボイトレを行っています。

有名音楽大学出身の講師が多数在籍しており、講師の質が高いのが特徴。ビブラートについても、安心して相談できます。

忙しい方や遠方の方は、オンラインレッスンで続けるのもおすすめです。

入会金 10,000円
料金 11,700円(60分/月2回)~
講師の質 ★★★★★
対象のレベル 初心者、趣味、プロ
対応の音楽ジャンル ポップス、ジャズ、アニソンetc..
オンライン対応
無料体験
個人レッスン/団体 マンツーマンのみ

ちりめんビブラートまとめ!

ちりめんビブラート

ちりめんビブラートについて解説してみました!いかがでしたか?

✔ちりめんビブラートとは
  • 喉でかけるビブラート
  • 初心者が真似すると、不安定なビブラートになりやすい
  • 不安定なちりめんビブラートは、緊張を解くことで直していく
  • 安定したちりめんビブラートを習得するには、音程をゆっくり変えながら練習する

安定したちりめんビブラートが出来るようになると、表現の幅が一気に広がってワンランク上の歌になります。

ただ、なかなか難しい技術なので、習得したい方はボイトレに通うことも視野にいれて検討してみてください!

ユウ
ユウ
美しいビブラートで気持ちよく歌いましょう♪
おすすめの記事